ホーム

秘すれば花なり 山頭火

放浪の俳人種田山頭火の文芸に対する姿勢、生き方をわかりやすくまとめた一書。山頭火は、真実を見る目を磨くために、謙虚な学びの歩みとともに、蛮勇を振るって新境地に挑む勇気を持っていたという論点でまとめている。

■ 商品名:秘すれば花なり 山頭火
■ 価格:1,080円(税込)
■ ISBNコード:ISBN978-4-394-90331-4
■ 本のサイズ:四六判・ソフトカバー
■ 著者:西本 正彦
■ 発売日:2017-08-25
発売日は2017年08月25日になります。

amazonで購入

目次/本文より

目 次

はじめに 
第一章 文芸家山頭火の骨組み
一 時代の潮目を生きる
二 正直でわがままに生きる
               
第二章 山頭火の自由律俳句
一 「秘すれば花」の日本伝統美
二 山頭火の句にみる特徴
               
第三章 「秘すれば花なり」
一 世阿弥の美学
二 山頭火の美学
                              
第四章 先賢を心の灯に
一 芭蕉に教えられた人生
二 良寛に教えられた死生と自然
        
第五章 十年続いた どん底
一 種田酒造の破たん   
二 不毛だった四年の上京
三 市電を停める
四 山頭火よみがえる

第六章 歩いて作った 一筋の道
一 観音堂の堂守
二 最初の放浪
三 涼風の放浪
四 安住は続かず

第七章 山頭火文芸の本質
一 母の喪失感
二 先人を敬慕
三 清貧モードの幸せ
四 山頭火の辞世
                                      
おわりに

西本 正彦

1936年 広島市白島中町生まれ
 45年 原爆(自身の被災は免れた)で自宅全壊
 46年 山口県本郷村(現岩国市)に移住
 53年 県立岩国工業高校機械科卒業
 58年 山口大学教育学部卒業
 59年 錦町立広瀬中学校勤務(教諭)
 77~79年 山口県教職員連合会専従(書記次長・書記長)
 83~84年 防府市教育委員会(生徒指導担当指導主事)
 85~88年 山口県教育委員会(生徒指導担当指導主事)
1996年   防府市立国府中学校長、定年退職
1996~2004年 (財)山口県教育会(事務局長・専務理事・副会長)
1999~2004年 (財)愛山青少年活動推進財団(評議員・監事)
2002~13年 (財)松風会(監事・理事)
2003~05年 やまぐち文学回廊構想推進協議会幹事
2005~06年 同上 副会長
2008~10年 山頭火ふるさと会(監事)
2012~    山頭火ふるさと会(会長・顧問)
2013~16年 防府市文化協会市民活動支援部会副会長
2013~14年 夢塾(山口人物伝・種田山頭火)専門委員

著書歴
2010年  「平成の巷で謳う エッセイ菜根譚抄」 
2012年  「おきあがりこぼし人生の 俳人 種田山頭火」
2014年  山口市文芸同人誌、蒙談会「風月譚」5号「山頭火と父親」
2014年  夢チャレンジ きらり山口人物伝「山頭火塾長」
2016年  「そうだったのか、山頭火 教室で見た山頭火のこころと句」